PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アイドルプリテンダー 1 晴瀬ひろき

【内容説明】
 因瑛太は漢の中の漢である……はずが、怪しい薬によって女子になってしまった! 元に戻るためアイドルを目指すことになった彼女(?)だけど、憧れの先輩に百合な感じでモテモテに!? 性別混乱、混線恋愛模様が幕を開ける!! (アニメイト)

 アニメイトで検索かけると何か『ラインバレル』が一杯引っかかる!!

-----------------------------------

 表紙を見て分かるように絵がとても可愛いらしいです。晴瀬さんの漫画は『アリソン』を買っていました。表紙買いだと思わぬ再会があるので楽しいですね。

 さて、内容としては思った以上にシンプルです。ネタには奇抜な発想はなく新しい視点もありません。昨今似た様な話も多く『プリティフェイス』『声優かっ!』『プラナス・ガール』『少女少年』辺りと比べても大きな衝撃はなかった……というのが残念です。
 ところがそれらの奇抜でない設定が奇抜な線で繋がれている為、1話は特に悪い方向で超展開に感じてしまいます。

 好きな先輩(♀)の気を引く為に男らしくなりたい主人公(♂)⇒主人公が変な薬で逆に女の子になってしまう⇒ルームメイト(♂)がデイトレイドで当てて3億の薬を買っていた⇒アイドルになってまた3億の薬を購入する事にする⇒アイドルのオーディションに行ったら先輩もいる!先輩もアイドルの卵?⇒オーディション中に暴漢突入⇒倒したら特別賞でデビュー決定⇒褒めるルームメイトに赤面、先輩も赤面?

 この(⇒)部分の繋ぎ方が唐突な為、ネタの箇条書きに見えてしまいます。2話、3話と続けて読んで行くとこれらの設定を飛ばせる様になるので段々読みやすくなるのが救いです。決して面白くない訳でなく、導入で置いてきぼりになってしまうという点で損をしてしまった作品です。もし雑誌で1話だけ読んでいたらコミックスを買わなかったでしょう。

 ところが、この作品の中で大きく可能性を感じる部分があります。それがルームメイトの小栗くんとの距離感です。設定上最も自然な≪男×女≫なのに確実に背徳なシチュエーションになるのでシッカリ描き込んでいけば化けると思います。いえ、1巻最後で化けはじめてます。そう背徳感が大事!

 今後、この天然な小栗くんと本命の先輩との三角関係をどれだけ(小栗くん優勢で)コジらせてくれるか、そこを期待しながら2巻を待ちたいと思います。

| 漫画感想 | 00:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。