PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『偽物語』 第07話 かれんビー 其ノ漆

『偽物語』火憐ちゃん追い目線
 双子姉妹は火憐ちゃんの方が断然可愛いです。この妹は欲しい妹だ。

 相変わらず訳の分からない展開、暦と火憐ちゃんの兄妹喧嘩から始まります。
 『ウソ、何で立てるの 死んでもおかしくないはずなのに』って何だこいつら!と思ったら、この後建造物倒壊までして大喧嘩……相変わらずオーバーな演出でした。今回はちょっとやりすぎな感じもしますね。

 途中の変形DDTなのかフランケンシュタイナーなのかプロレスには詳しくないので分かりませんが、暦兄ちゃん妹の股間で意識朦朧……「むふー」と言うの止めなさい。うらやましい。

 最終的に喧嘩も解決、抱きついて兄ちゃんの力押し説得モード。
『惚れないように気をつけるんだな 近親相姦になっちまうず』『もう惚れてる』ってもう意味分からない。しかも『妹の尻拭いなんて兄ちゃんにとって名誉以外のなんでもない』と言って尻を映すな!

 喧嘩中に紛れ込んだ忍ちゃん(ほぼ妄想)でなんか騙されたよ!

 貝木との討論もなんかボヤケテそれらしい事を言い合って終わるという感じ。この作品に期待する言葉遊びや巧みさは見られずなんかスッキリしません。

 ここでガハラさんが暦に色仕掛け!暦の手を握り捻りながら自分に迫らせる様な体勢に持ち込んで……『今夜は私に優しくしなさい』…暦のアホ毛が直立してホワイトアウト…今夜どうなった?ここの演出だけは好きです。

 なんとなく終わった今回の事件。二期の最初の話として視聴者にキャラ紹介的に作られた話だと言う判断で良いのでしょうか?「かれんビー」なのに火憐ちゃんほとんど存在なかったもの……最後に姉妹で裸で寝てる所を兄ちゃん発見……もう意味が分からないよ。

| アニメ感想 | 17:13 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。