PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちゃんと描いてますからっ! 2 星里 もちる

【内容説明】
 締切前になると逃げ出してしまう駄目マンガ家の父親と、それを支えているうちにいつしか、学業のかたわら作画作業のほとんどをやることになってしまったけなげな姉妹を主人公にした、マンガ家一家ファミリーコメディー、第二弾。(amazon)

-----------------------------------

 来週は忙しいので更新頻度を減らすため新刊は後回しにします。

 ということで大好きな漫画を読み直す期間とさせていただきます!

 星里もちるさんの作品はどれも面白いので安心して買ってます。特にこの作品は近年では最高傑作!今までの作品と勢いが違うと言いますか、ある種リアリティがあると言うか……漫画を熟知した方の描く、漫画家の漫画というのはやはり、面白いですね。

 実際に漫画を描いていない漫画家さんも多いと思います。この作品はその対象をアシスタントではなく娘に矛先を向けている所がコミカルさに拍車を掛けています。

 今巻ではプロとして父として絵が描けなくなってしまった漫画家の父・平原先生の気持ちに触れています。娘が自分を越えていく時、しかもそれが得意分野ならなおの事、どういう気持ちで対応して良いのか分からないでしょう。だから逃げる・描かないという行動を行ってしまうのです。
 その気持ちはすごく良く分かります。娘はいませんが……

 仕事をしていると後輩がどんどん抜いていきます。特にビジュアル関係の仕事だと先輩の現時点が新人のスタート地点だったりします。断然、後から来た者が有利!先輩が勝てるのは状況判断と経営判断ぐらいです。こういう業界だと本当にこの世から逃げたくなります。本当に、3D制作ソフトのマニュアルが全部英語だった頃が懐かしいです。歳が推測されてしまいますが、まずは翻訳からはじめてた時代です。MAYAがAliasだった頃、XSIがSIだった頃です。MAXなんてありません。そもそも3Dの動くマシンが個人で手に入らなかった時代です。SGI社がO2を出して時代が動き出すんです。
 まあ、3Dの歴史はさておき!とにかく新人に負けないように新しい情報をドンドン取り入れるようにします。でも、それでも追いつけないのが実情。そのもどかしさを平原先生も感じているのでしょう。

 そういう意味では彼の行動は間違ってはいません。代わっていかなければならない仕事は代わるべきなんです。そうやって世界は回っていくんです。

 まあ娘に任せちゃいけませんが、お父さんなりの英才教育なのでしょう……

 さて、この巻の最後で大好きな先輩に秘密を打ち明けてしまった歩未ちゃん、この後の展開が楽しみです。


| 漫画感想 | 04:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sanekane2.blog.fc2.com/tb.php/380-97e58258

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。