PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ライダー×戦隊、そして風呂映画

仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大戦
 非常に笑い所も多く、最近のライダー映画の中では良作だったのではないでしょうか?マクロスかい!ヤクト=ミラージュかい!!というシーンがいくつか見られましたが、それはそれ。最大の見所はディエンド×ゴーカイブルー!

 細かいことを言ってしまえば子供だましの脚本ですよ。それでもお祭り映画なので、その辺りは大目に見れます。何より、渡辺秀くんの登場や、千葉雄大くんの声など、ファンとしておおぉっと思える瞬間が多くありました。ひなちゃんが出ずっぱりなのはビックリです。

 ところで仮面ライダー系の映画として、最多出演は秋山莉奈ですか?戸谷公人?と思って調べたら10対5で秋山さん圧勝でした。ディケイドメインの世界観なので村井良大、森カンナ辺りも出て欲しかったです。あと松田賢二さんも!そして秋山奈々出して!

【舞台挨拶】
登壇者:
井上正大(ディケイド)、戸谷公人(ディエンド)、小澤亮太(ゴーカイレッド)、フォーゼ(スーツ)、レッドバスター(スーツ)

 終始、戸谷(攻める、突っ込み)⇒井上(受けつつボケ)、小澤(気がつかずボケ)という図式で話が進みました。本編もそうなんですが、この映画はなんでこんなにもBL展開なのでしょうか?戸谷くんもよく分かってて舞台挨拶でもボディタッチとBLネタで会場を沸かせていました。

 小澤くんの天然ぷりも可愛いし、井上くんは毎回かっこいいし、盛り上がった舞台挨拶でした。

テルマエ・ロマエ
 漫画は二巻までしか読んでませんが、原作とは本筋は変更が見られます。漫画家志望の山越真実(上戸彩)という作者のヤマザキマリさんをモチーフにしたと思われる登場人物が狂言回しに入ります。これが思った以上に成功しています。漫画の登場人物である、小達さつきをベースにしているので作品自体には自然と溶け込んでいます。

 最初の部分は漫画のエピソードをポンポンと見せてテンポを作り、大きな話に繋げていく手法が活きています。漫画原作の実写映画としては久々にヒットだったと思います。

 しかし愛人アンティノウス……もうちょっと美少年にしてくれよ!

| 映画芝居感想 | 17:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sanekane2.blog.fc2.com/tb.php/413-ba6f4dab

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。