PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桃栗三年 亀井薄雪

【内容説明】
 古いアパートのお隣り同士で暮らす男と女の物語。プラモデル大好きの変人女子大生・桃瀬みすず。なかなか新作を発表しない謎の小説家・小栗先生。顔を合わせればケンカばかりのふたりだけど、お互いが気になって仕方ない様子で……。コミックリュウからまたひとり、マンガファン垂涎の才能が世に送り出される! 草食系ラブコメの旗手……になってくれそうなフレッシュルーキーのファーストコミックス♪ (amazon)

-----------------------------------

 結みたいなモデラーの主人公と二人がお隣の怪しい小説家さんとマッタリ物語。親友は憂みたいな女の子。何も起きずに最後まで進み……そして終わります。私は結構好きなのですが、ここまで何も起きずに発見もないと少々物足りなさも感じます。

 主人公のプラモデル好きは隣の小説家と話すキッカケ~資料を購入する件でしか活用されていません。この作品の中にある大きな問題の解決に役立つ物ではないのです。女の子モデラーは『ドールマスター』以来で好みの設定なのですが、意外と浅いモデラーだったりするので、ここも残念です。キャラを強化するならもっと濃くても良かったのではないでしょうか?

 でも、トータルで見ると別に悪くもないですし、楽しめます。

 良くも悪くも"何も無い!"がテーマなのでしょう。"何も無い"で言うと『それでも町は廻っている』『ヒャッコ』は何もないのですが、何かはあるんですよね。それが出てきた時に既に雰囲気はあるので化けそうな気がします。

 次回作に期待です。

| 漫画感想 | 10:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sanekane2.blog.fc2.com/tb.php/439-113dcd5b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。