PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

LOST MAN(17) 草場道輝

【内容説明】
 マツモトとシンプソンのプライドを賭けた戦い-マンUvs.マンTのマンチェスター・ダービーもいよいよ最終章を迎えようとしている・・
そんな中、マツモトに対する拘りを隠さないシンプソンの思いがついに判明!
お互いの過去に、一体何があったのか?
そして、全てを知った上で、マツモトを上回りたいと思うシンプソンの気持ちが、信じられないプレーを生む!それに対し、「自分の居場所」をついに見つけたマツモトはどう応える?タイムアップをの笛を聞くまで、勝負の行方はわからない!
一方、ピッチの外でのもう一つの戦いが・・
トラウズマと戦うべく立ち上がったサカザキにまさかの結末?
本当にナターシャに撃たれてしまったのか?世界を手玉に取ってきたサカザキのマジックはもうみられないのか?
また、試合終了と共に、意識不明に陥ったマツモトの容態は?詩乃の懸命の介護も虚しく、たとえ目覚めても、全てを忘れてしまうのか?詩乃の思いもまた、忘却の彼方へ去ってしまうのか・・?

全ての謎が解け、全てが感動に包まれる・・
フットボール大河巨編、堂々の完結編!!(amazon)

-----------------------------------

 5年掛かった連載作品もようやく完結を迎えました。全体を通して面白い作品だったと思います。特に序盤の弱小チームを回ってプレイをしている頃は"勝利請負人"の名に恥じないプレイとチームの進化に貢献しており、読んでいて気持ちが良かったものです。

 しかしマンUに移籍してから、そもそものチームに地力があるので"勝利請負人"の魅力は薄れてしまいました。しかも序盤が面白かったゆえに、トラウズマやシンプソンとの因縁話は本筋なのに蛇足に感じてしまいました。
 因縁話も急ぎ過ぎた為か、どうも解決したようなスッキリ感がありません。恐らくトラウズマを追い詰めるまでの準備とシンプソンの生い立ちを匂わせる部分がストーリーに描ききれていなかったからでしょう。

 それでも試合は面白かったと思います。特にマンUがマンTに追い付いて3-3になる展開は圧巻です。普通にサッカーしてくれれば良かったのにと思わなくもありません。
 また、マンUのメンバーもマンTのメンバーも実在の選手をモチーフにしている人が多く、そこを見比べながら読むのも楽しみの一つです。『キャプテン翼』の様に名前が似てるレベルではなく、醸し出す雰囲気や役割も似ているのでニヤニヤする事があります。その感覚は『俺たちのフィールド』に近いかもしれませんね。

 また、改めて草場先生のサッカー漫画が読みたいです。出来れば『ファンタジスタ』の続編で!

| 漫画感想 | 16:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sanekane2.blog.fc2.com/tb.php/475-ec344b39

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。