PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』

 病院の帰りに観てきました!『魔法少女リリカルなのは The MOVIE 2nd A's』!
1stを観るために帰国したぐらいなので横浜ぐらいは行きますよ!

 正直1stのまとめ方が納得のゆくものでなかったので、見に行くか悩んでしまいましたが、シャマルさんが出るなら行くしかない!行くしかありません。

※この予告動画の編集はやっつけぽいので何かツライ。

 『A's』は八神家メインという事を差し引いても面白かったと思います。150分、飽きる事無く見入ってしまいました。そもそもテレビ版がトータルで5時間ぐらいなので映画2.5時間。いくつかエピソードをカットすれば ほぼ面白さを凝縮できる計算になります。そのため残念ながらリーゼアリア&リーゼロッテ、グレアムのエピソードは全てカットされてしまいました。お陰ではやてちゃんの危うい人間関係がカットされてしまったのは本当に残念です。
 しかし映画として長すぎですよ、150分!しかも全編リニューアルなのだから製作も大変だった事でしょう……頑張りましたね。寿命の短い昨今のアニメ業界では『fate』に続いて長期に渡って稼いでると思われるコンテンツです。ちゃんと作ればBDも売れるんだろうなあ~私も買うんだろうな~。チクショウ。

 1stが魔法バトル、2ndが砲撃バトル、3rdが肉弾戦とテーマが変わっていく『なのは』シリーズですが、テーマはシッカリと守ってます。魔法の弾道が時々ミサイルの弾道になっているのが愉快です。とはいえリアルの一線は軽々しく越え、ファンタジックな戦いも健在です。
 中でもヴィータの動きが凄まじいでしょう。グラーフアイゼンに振り回されるかの様な あの動きは必見です。テレビ版を更に強化した派手なアニメとカメラワーク。北米欧州では少女が重い武器を持つ事はありえないと考える傾向がありますので、あのようなデザインはありえません。考えません。存在しません。日本独特の、この表現は誇って良いです。

 そして今作で初めてリンディを可愛いと思いました。特にフェイト達に仕事復帰をしても良いか確認する時の表情がたまりません。人妻にムラムラしましたよ。

 泣かせる場所も程よく泣かせ、興奮する場所ではシッカリ興奮させる。満足の出来でした。『なのは』の前に『海猿』を観たのですが、『なのは』が後で良かったです。『なのは』の後に『海猿』観てたら寝ましたよ。

 と、色々褒めてきましたが問題がないわけでもありません。

 中でも気になった箇所が三点あります。出だしから気になったのはフェイトとの再会のタイミングです。テレビ版ではヴィータ達と戦っている最中に助けにくる事で再会となりますが、映画版ではその前に会ってしまいます。ここはやはりテレビ版のようになのはのピンチを救う形での再会の方が好みですね。

 もうひとつは最終戦でのナハトヴァールとの戦いも派手過ぎて何をしているか分からないという状況になってしまいます……これは良し悪しです……

 残りのひとつは私が一番気になった箇所。闇の書への暴走からリインの行動までの動機付けの曖昧だった点です。テレビ版ではグレアムやリーゼ姉妹がはやての暴走を促すので、誰も悪くない形で自然と悲劇が生まれました。今回は彼らの出番が無いため、ナハトヴァールを制御しきれないというポイントだけで問題が拡大し、更に、ナハトヴァールによって世界が破滅するのは絶対とし、せめて大好きなはやてには幸せな夢を見たまま死んでもらおうというリインフォースの意思が問題を増幅させていきます。
 プログラムがナハトヴァールという具象物になっている為、取り除くべき異物としては分かりやすくなりました。しかし!ナハトヴァールが何かを強制している様にも見えないので、実行者であるリインがひたすら破壊行動を起こしているだけに見えてしまうのです。
 半分はそれで正解なのでしょうが、半分は違うはず。そのもうひとつの半分が上手く語られていない為、テレビと同じ事をしているだけなのにリインが自作自演しているように見え、彼女の本心がどこにあるのか分からなくなってしまいます。

 ここが今作の山場なだけに残念としか言えないのですが……まあ、今回の感想は好きゆえに厳しく見てしまう部分もあるのかもしれません。気にしない方には問題ない展開だったかもしれませんね。

 それ以外は十分過ぎるほど素晴らしい作品でした。

| 映画芝居感想 | 22:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://sanekane2.blog.fc2.com/tb.php/478-d147e5f1

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。